民事上の損害賠償請求

交通事故も軽い怪我であれば不幸中の幸い・・・それほど大きなもめごとになる事もありません。しかし後遺障害が残ってしまうような大きな交通事故となれば、被害者にとって金銭ではなく自分の身体を事故が起きる前に戻してくれ・・・と考えるでしょう。しかしそれは絶対にできないことです。そのため、民事上で、不法行為に基づく損害賠償について、金銭によって賠償するものとなっています。

心情的にいえば、交通事故の被害者当人においてもご家族においても、交通事故の前とは自分の身体が全く違うものとなり、またご家族についても交通事故以前と同じ生活を送る事が出来なくなるのですから、許せないという思いもありますし、元に戻してくれと訴えたいところでしょう。しかしそれが絶対にできないことなのですから、損害賠償金を請求する以外に民事の上での責任を加害者に取らせるという事は出来ないのです。

加害者の交通事故による不法行為責任を深く追及し、それに基づく損害賠償金の支払いをしっかりと行っていく、という事が必要となります。少しでも多くの額面を獲得することが、その事故によって生まれた損失を補てんできることとなると考え、時には法律の専門家に相談しながら進めていく事も必要でしょう。