債務不履行責任と不法行為責任

交通事故を起こした加害者が負う民事上の責任、これは損害賠償責任です。被害者が交通事故によって受けた損害について請求できる責任です。損害賠償については債務不履行責任と不法行為責任があります。

債務不履行責任は一般的に契約責任ともいわれることで、一定の約束、契約に基づき義務を履行しない場合、生ずる法的責任の事です。しかし交通事故ですから、契約していることも何もありませんので、交通事故の場合、損害賠償責任は不法行為責任に基づき出てくる損害賠償義務です。

交通事故によって被害に遭われた方からすれば、加害者に対し交通事故による不法行為責任を追及する事が出来、そのことによって生じる損害賠償を請求するという事を行わなくてはなりません。

この場合の不法行為は特別類型となるもので、運行供用者責任です。運行供用者責任というのは交通事故の自動車事故による人身事故、これについて自動車損害賠償保障法3条によって、自動車の運行供用者が被害者に対し運行供用者責任と呼ばれる法的責任を負うという事です。

自己によって加害者の過失などを主張し立証する事が必要となるのですが、この立証が時に難しい場合があります。通常、不法行為責任を追及する相手は交通事故の加害者という事になりますが、もしもこの加害者に資力がないという場合には立証できたとしても損害賠償の支払いが出来ないという事もあります。こうした場合に被害者を保護するために作られたのが自動車損害賠償保障法で、この3条に運行者共用責任があるのです。

運行供用責任では一般不法行為よりも責任を負うべき範囲が広い、また被害者の主張立証責任の負担についても大幅に軽減されているというものです。つまり、損害賠償請求をしやすくなっているのです。

交通事故の加害者が負う民事などの責任

交通事故は誰もが起こそうと思って起こすものではありません。しかし、誰もが加害者になりえる事であり、誰もが被害者になりえる現代です。車社会となっている現代、毎日交通事故のニュースをみます。他人ごとではない、という事を理解しなければなりません。もしも、交通事故の加害者となってしまったら、大きな責任を負う事になります。もしそれが、人身事故であればなおのことです。

交通事故の加害者になった場合、法的責任を負う事になります。刑事責任、行政上の責任、さらに民事責任です。このうち刑事責任は自動車運転過失致死傷外などの刑罰を受けるという事です。行政上の責任は大きな事故、過失が大きな事故は自動車運転免許の取り消しなどがあります。これらの責任については公益的な見地によって法的責任となるもので、被害者側の方がどんなに望んでも、自由にできるものではありません。

しかし被害者の方が交通事故により被った被害を鎮補するため、加害者に対し、被害者が民事責任を追及していかなくてはなりません。この民事に関してはあまり深く理解されていない方が多く、後で知ってしっかりと対応すればよかったと後悔する方も少なくないのです。

交通事故を起こした人、つまり加害者は民事責任も負うのですが、これに関しては被害者が追及して句ことが必要となるので、追及して初めて損害賠償を請求することが大切なのです。当サイトは交通事故に関する民事賠償について詳しく紹介します。もしも交通事故にあった場合、また起こしてしまった場合に知っておきたい民事賠償についてこのサイトで少しでも理解していただけたら幸いです。